顔料インクの説明

大判印刷で多く使われている顔料インクの特徴を詳しく説明するページです。

豊富なお支払い方法

営業日カレンダー

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
土・日・祝日は定休日です。

K子夫人の4コマ劇場

4コマ劇場 >>保管庫

フェイスブック

  • 住所
  • ■本社工場
    〒918-8231
    福井県福井市問屋町4丁目802番地
    TEL 0776-21-3548
    FAX 0776-21-3798

    ■東京支店
    〒166-0011
    東京都杉並区梅里2丁目40-19
    ワールドビル 3F
    TEL 03-5305-3773
    FAX 03-5305-3771
    URL.http://matsushita.tv
    E-mail.info@matsushita.tv
  • 株式会社マツシタ




  • 広告やその他

    教えて!大判マスター 印刷関連会社のビジネスパートナー募集中! レポート用紙専門店 レポート用紙.jp 大判パネル印刷専門店 パネル印刷.jp ポケットフォルダー専門店のポケットフォルダー.jp
     

    顔料インクの特徴

    顔料インクの説明画像

    顔料とは着色に使う粒子で染料とは違って、水や油に溶けない性質が有ります。顔料は粒子状であるため、染料と比べると吸収スペクトルがブロード(連続スペクトルをもつ光が物質を通過するときに物質に特有の波長領域が吸収されて弱められる現象の幅が広い)になり、ポスター印刷などでは用紙の表面で顔料粒子によって散乱光が混じるために、画像の鮮明性を鮮やかに再現する技術が難しいという特徴があります。
    保存性の面では耐光性、耐ガス性に優れており、酸化作用により色材の劣化が起こった場合も染料は分子そのものが分解して発色性を失いますが、顔料は分解が粒子の表面で起こるため、粒子内のは色材としての機能を保つため長期間の発色性が保たれるというメリットがあります。
    大まかな特徴としては用紙に染み込まず、メディアの表面に定着するインクです。



    使用される顔料

    顔料も色によって様々な物が使われています。ここでは各色に使われている顔料を構成している物質や性質などについて詳しく説明します。


    ブラック顔料

    ブラックにはカーボンブラックが使用されています。カーボンブラックは種類も多く表面状態等が大きく異なっているのでプリンターの種類によって使い分ける必要があります。
    ポスターなどに印刷する場合に黒い炉には漆黒感や無彩色である事が必要で、粒子の大きさが大きいと赤見のかかった黒になるためにシアン色の顔料などを混ぜて漆黒感がでるように色をコントロールします。


    イエロー顔料

    イエローは発色性、耐光性などの課題が多く発色性を重視する場合にはモノアゾ系がつかわれていますがこれは耐光性に問題があり、様々な顔料が試されています。一時はアゾ系の物が使われましたが発色性が良くなかったため、現在ではモノアゾ系のものに戻っています。
    その他にイソインドリン系、キノフタロン系、ベンズイミダゾロン系、ジスアゾ系の物が開発されています。


    シアン顔料

    シアンには染料と同じく銅フタロシアニンが多く使われておりその他には、アルミニウムフタロシアニンを使う事もあります。
    発色性にも優れており彩度も高いという利点があります。


    マゼンタ顔料

    マゼンタにはキナクリドン系の顔料が使われています。
    キナクリドン系は耐光性に優れていますが結晶を構成している顔料分子の水素結合を通して発色しているため色の濃度が上がりにくい欠点があります。またキナクリドン系は青みが強い傾向にあるのでイエローインクとの掛け合いで作る金赤の色がくすみやすい傾向があります。



    顔料インクの長所と欠点の克服

    印刷の基本色ブラック、シアン、マゼンタ、イエローで基本印刷が出来ますが、顔料インクの特性上、染料に比べると発色性が見劣りします。
    それを補うために中間色のインクを使用するプリンターもあり、ライトマゼンタ、ライトシアン、グレー、レッド、グリーン、ブルー、オレンジ、等の多色のインクを使用する場合がほとんどで、発色性でも染料プリンターと同等レベルの物が開発されています。   



    大判マスターの顔料インクプリンター

    大判マスターでは、4色だけではなく中間色のインクを搭載した顔料インクを使用する最新のキャノン製のプリンターを導入してポスター印刷を行っています。
    もちろん発色性も彩度も鮮やかな仕上りで、なおかつ耐光性、耐ガス性にも優れ、長期間の展示しても色落ちが少なく劣化に強いポスターをお客様に提供しております。  



    ・染料インクの説明